横浜 ベイ クォーター。 横浜ベイクォーター

営業時間/アクセス|BAY QUARTER YOKOHAMA

👎 [夜] ¥1,000~¥1,999 [昼] ¥1,000~¥1,999 支払い方法 カード可 (VISA、JCB、AMEX) 電子マネー不可 席・設備 席数 88席 個室 無 貸切 不可 禁煙・喫煙 分煙 完全分煙 ( 禁煙席:56席 喫煙席:32席 ) 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 22㎡ 20,425,266 円• 2010年3月19日、隣接する横浜ダイヤビルディングの3階から6階に横浜ベイクォーターANNEXが開業し、など物販店を中心に25店舗が出店した。

7
晴れの日はみなとみらいを一望できるテラスでリフレッシュしてみませんか!. 交通 [ ] 徒歩 [ ] 横浜駅方面からは当施設3階に接続している、以下の2つのによりアクセス可能である。

クア・アイナ 横浜ベイクォーター店

🌭 情報サービスの提供時間外 ・収容台数 730台 ・営業時間 8:00~23:00(出庫は24:00まで) ・サイズ 長さ: 5. 消費税 :3,016,841円 完売いたしました 21,620,920 円• 21㎡ 完売いたしました 30,571,164 円• 審査員の講評 「横浜駅東口、ポートサイド地区の倉庫跡地の再開発として建設された商業施設である。 共用施設には、ポートサイドエリア、みなとみらい21、横浜ベイブリッジなどの眺望を楽しめる「ビューラウンジ」、お客様をお呼びいただける「ゲストルーム」、和でお客様をおもてなしできる「茶室」などが設けられております。

14
2店舗目以降も各店舗3,000円(税込)以上のお買上げで1時間の駐車サービス券をお渡しします。

公式

😊 】 ベイクォーター眼科、院長の笹本眞理子です。 テナント [ ] インテリアのやサンダルのなど約75店舗が入居しており、海際に張り出した飲食店のテラス席などが特長である。

13
本体価格:10,000,000円• なし 施設休は除く JR横浜駅きた東口徒歩3分、東口徒歩5分 みなとみらい線 新高島駅 2出口徒歩10分 シーバス乗場 直結 92席 有り 施設 横浜ベイクォーター 駐車場 可 カード詳細は店舗までお問合せ下さい• 本体価格:20,000,000円• 駐車場 有 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、オープンテラスあり 携帯電話 docomo、au、SoftBank メニュー ドリンク ワインあり 特徴・関連情報 Go To Eat プレミアム付食事券使える 利用シーン | こんな時によく使われます。

横浜ベイクォーター

😊 また、当施設の2階より「スカイウェイ」が伸びており、ポートサイド中央交差点を超えて同地区の各施設方面へ接続されている。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 また、持ち込みのレンズ交換もご好評で、毎日5件以上のお客様がご来店いただいております。

6
そごう(B2F)へ着いたら、そごう内の階段・エスカレーター・エレベーターで2F「かもめ橋口」へ向かいます。

クア・アイナ 横浜ベイクォーター店

😭 どなたにも似合うようにと作られた大量生産品では物足りたいという方、正規輸入ブランドフレームでリーズナブルに眼鏡を作りたいという方、眼鏡で自分の個性をさらに輝かせたいとお思いの方にピッタリのセレクトショップです。 建築のデザインも緩やかな曲線を用い、海際に張り出したテラスで食事のできる飲食店等、賑わいがダイレクトに感じられるようなシンプルな意匠が新鮮である。

14
南国の香り漂う癒しの空間で、チャオタイならではの世界をごゆっくりご堪能下さい。

2021年 横浜ベイクォーター

♥ 消費税 :2,271,164円 完売いたしました 16,220,582 円• 横浜ベイクォーターに直結し、横浜駅まで屋根付き歩行者専用のペデストリアンデッキ「スカイウェイ」によりアクセスできます。 ベイクォーターウォーク - 横浜駅きた通路方面よりおよび派新田間川を横断して接続。 それは、当時の日本ではとてもめずらしかったタイ料理を通じ、少しでもタイのことを知ってもらえばという想いです。

18
本体価格:18,900,000円• 又、年齢に関係なく外傷打撲及び糖尿病の患者様は対応しておりません。

クア・アイナ 横浜ベイクォーター店

♨ が設置・管理している。 30分ごと300円(税込) 詳細は下記までお問い合わせください。 消費税 :1,220,582円 運営管理費(年) 267,300円 税込 運営管理費(年) 184,800円 税込 ベイスイート(53室/4~10F) 客室専有面積:49. 指定のアプリなどからご注文ください。

1
そごうが営業時間外の場合は、「きた東口」からお越しになるか、マップに黄緑色で表示されている予備ルートをご利用ください。 10月18日、として横浜駅東口エリア初出店の横浜ベイクォーター店がオープンするなど出退店は盛んである。