コレコレ うんこちゃん。 課金の代わりに〇〇でアイテム入手!う◯こをテーマにした「うんコレ」が話題に

「コレコレ、うんこちゃんより俺の方が結果は残してる」

🤜 ウ、ウントピア!??どういう世界なんだ 敵は「クリーブス」と言われる新生物でその生態がどこから来たのか、どうやって増殖しているのか誰もわかりません。

17
身近に医療情報が面白く伝わるように考えられていて、すごいですよね! うんコレを試してみたみんなの反響は・・・ 実際にアプリがリリースされTwitterで話題となっています。 [株式会社omniheal] 日本うんこ学会内の一般社団法人うんコレ制作委員会が2020年11月15日に正式リリース 株式会社omniheal(東京都中野区、代表取締役:石井洋介)は、日本うんこ学会内の一般社団法人うんコレ制作委員会が2020年11月15日に正式リリースした腸内細菌擬人化ゲーム『うんコレ』の広報代行業務を開始しました。

「コレコレ、うんこちゃんより俺の方が結果は残してる」

📱 再生回数:9617 コメント:60 マイリス:61• ゲームをしながら体調管理もできるすごいゲームのようですね! 深い思いがゲームの誕生へと繋がる そもそも、なぜこのゲームアプリを作ったのか気になりませんか?誰が何のために作ったのでしょう? 開発者は「日本うんこ学会」の代表を務める石井洋介さん。 109• 当時の自分に届くような身近な方法で、医療情報に興味を持ってもらうためにはどうすればいいか考えた結果生み出されたアイデアが、多くの人にとって身近なスマートフォンで遊べるゲームを作り、面白さの中に真面目な医療要素を混ぜていくことでした。 「絵を一枚だけ」「コードを一行だけ」「技術的な協力はできないけれど、メールの返信だけでも」と、実に多様なメンバーに参加してもらうことで、色々なアイデアが注入されてきました。

18

「コレコレ、うんこちゃんより俺の方が結果は残してる」

👀 「これで患者さんを助けられる!」 意気揚々と外科医になった私ですが、前述の通り、進行がんの患者さん等どうしても助けられない人達との出会いがありました。 みなさん、突然ですが「うんコレ」というアプリをご存知ですか? とは、日本うんこ学会内の一般社団法人うんコレ制作委員会がリリースした腸内細菌擬人化スマホゲームアプリです。

6
その時は「ただの痔かな?」と思い、しばらくそのままにしていましたが、高校入学した15歳の夏に原因不明の発熱に悩まされ、入院となりました。

日本うんこ学会

☯ カテゴリー• ここでいう「サイエンス」とは論理的な思考と戦略作りであり,例えば「課題は何か」「ターゲットはどの層か」「独自性や競合との明確な優位性は何か」といった「企画書」の段階を指す。 プレイヤーはトイレの向こう側の世界「ウントピア」を守るために、腸内細菌をモチーフとしたキャラクターを操り、「クリーブス」と呼ばれる敵を早期に撃破することを目的としています。 例えば本作にはハルトマンという名のNPCが登場するが,これは大腸手術の1つ「ハルトマン手術」に由来するもので,性格などの設定にも実は関連がある。

2
どんな症状が出た場合には危険なのかを理解した上で、症状が出た場合には検便を受ける、もしくはしっかりとお近くの病院へ相談に行く姿勢が重要です。

omniheal、日本うんこ学会のスマホゲームアプリ『うんコレ』の広報代理業務を開始:時事ドットコム

😅 2018年2月吉日 日本うんこ学会 石井洋介 (2018. 協力・協賛企業なども広く募集しておりますので、合わせてからご連絡下さいませ。

6
制作は,参加者がイラスト1枚,コード1行を寄付するというような形式で進められたとのことで,「石井氏はソーシャルの力で作られた,真のソーシャルゲーム」と表現していた。 まとめると、年に一度の大腸癌検診だけで完全に大腸癌死を防げる訳ではありません。

Aboutうんコレ

☕ このアイデアや思いを周りに発信していく中で、少しずつ応援してくれるメンバーが増えていき、最終的に完全ボランティアによるゲーム開発が実現しました。 プレイヤーはトイレの向こう側の世界「ウントピア」を守るために、腸内細菌をモチーフとしたキャラクターを操ることで、「クリーブス」と呼ばれる敵を早期に撃破することを目的としています。 特徴は、「課金の代わりに『観便(うんこの報告)』をする」ことです。

10
Systematic review of meta-analyses and randomized trials. 一般社団法人うんコレ制作委員会代表理事の石井洋介は、消化器外科医として大腸癌をはじめとする多くの消化器疾患の手術をしてきました。