ホンダ イン サイト ex。 HV車とは思えない上質かっこいい「新型インサイト」 [HONDA(ホンダ)] All About

新型インサイトのおすすめグレードはEXに決定!決め手はアルミホイールとシート表皮(素材)の2つであーる。

👏 今となっては高級車という価格帯ではないが、まぁいわゆる「ちょっといいクルマ」、「上級セダン」といったところだろう。

16
実燃費テストの走行パターンは、「市街地」「郊外路」「高速道路」の3種類でそれぞれ計測。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2009年5月11日 ,• ボディーサイズは、インサイトのほうが若干大きい。

【ホンダ インサイト 新型】EXブラックスタイル[詳細画像]

😙 また、運転席、助手席 シートヒーターは全車標準装備。 これによって、実用性に優れたトランク容量を確保できた。 併せてと共通のLEA型エンジンを搭載した「エクスクルーシブ」を追加した。

7
先代モデル比で座面を30mm、シートバックの高さを50mm延長し、全体的に大きくなったフロントシートを採用。

【試乗記】ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)

🤗 (しつこい) くるすぺオススメのグレードは? 個人的なオススメグレードは、今回撮影したEXグレードですかね。 走行時のエネルギーフローや安全運転支援情報、ドライバーの居眠りなどを検知し知らせる「注意力モニター」も表示される。 とのことなので、恐らく、私とは「フィーリング」面での好みが丸っきり異なるのだと思います。

14
新型インサイトのエクステリア評価は? フロントフェイス、サイドビュー、リアビュー共に全体的に高級感もありかっこよく仕上げてくれたなというのが率直な感想です。 まずは、トップグレードのEX BLACK STYLEから。

【写真集】インサイト EX / HONDA 内外装を徹底チェック! EXとLXの違いも

☢ 2009年10月1日 仕様変更。 そんなわけで、せっかくハイブリッド車らしい静粛性を実現してはいるのだが、そこにあまり魅力を感じないというか、これまた「キャラが薄い」という感じがするのだ。

14
格別に凝ったことが行われているというわけでもないし、クラスを超えて高級な素材が使われているというわけでもないけれど、どことなく上質な印象を漂わせているように感じられる。 さらに、「エクスクルーシブ」はフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、リアライセンスガーニッシュをスモークメッキ化し、インテリアは高輝度ダークシルバー塗装などで色調を統一した。

ホンダ、「インサイト」に上質感を高めた新グレード「EX・PRIME STYLE」追加

🙄 -加速時- エンジンで発電しながら、モーターで走行する。

その行き着いた先が、オーソドックスなセダンだったのです」とコメントする。 今回400km以上を走行。

【試乗記】ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)

👌 白色のスティッチもいい感じ。

16
オーディオも統合された、「Hondaインターナビ」が標準装備。 アクセルをふっと踏み込んだときの発進が、とてもスムーズに感じる。

ホンダ・インサイトがマイナーチェンジ。華やかな内装の新グレードを追加【新車】

✊ 2009年2月5日 正式発表 (2月6日発売)。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2020年5月29日 , 2020年6月4日閲覧。 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2010年3月4日 ,• 2013年にフルモデルチェンジを行なったフィットに7速DCTと1モーターを組み合わせたi-DCDシステムや、日本仕様のみHV専用モデルとして投入されたアコードに2モーターのi-MMD、2014年には同様にレジェンドに3モーターのスポーツHV・SH-AWDを採用するなどHEVシステム自体は多彩であったものの、トヨタとの差は開くばかり。

10
本記事では、自称 「試乗マニア」が、試乗してみた感じたことをつらつらと書いていきます。

ホンダ インサイト:あらためて試乗し、トヨタ プリウスに負けず劣らずな性能の良さを体感!|セダン|Motor

😁 プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2012年10月15日 ,• ポテンザの欧州向けブランドとも言えるTURANZAを装着していることでもわかるとおり、多くのHEVモデルが低転がりタイヤを選んでいるのとは異なり、走りを決して犠牲にしていないのがインサイトの持ち味。 2009年2月6日 にて、欧州仕様の量産タイプを初披露 し、同年3月末からの販売を公表する。 シートは プライススムースとファブリックのコンビシートになっています。

3
ステアリング操作に対して適切な動きを見せてくれるし、ほどほどに軽快で、気持ちいい部類に入るだろう。 そこに新型セダンを続々と投入するには訳がある。

HV車とは思えない上質かっこいい「新型インサイト」 [HONDA(ホンダ)] All About

♨ おっしゃる通りです。 燃費性能向上のため、とに加えて燃焼効率向上技術とメカニカルフリクション低減技術を投入することで、最大熱効率は40. というわけで、すみませんが後期型アテンザの試乗はできませんが、何卒ご容赦、ご理解賜りたく存じます。 見せ方がヘタクソというか、結果として、実際以上に質感が低く見えてしまっている気がする。

18
つまり、路面の凸凹をうまく「いなせてない」という感じがするのだ。 もしかしたらプリウスならさらに良い燃費データを残してくれるかもしれないが、クルマに要求されるものはやはり走行性能こそが優先されるべき。