ザ ワールド イズ マイン。 キモさ、命、神

ザ・ワールド・イズ・マイン

👉 ではその「社会」が破壊され意味をなさなくなったとき、人は「命は平等に価値があるのか?」という問いに何と答えるのか? 「ザ・ワールド・イズ・マイン」では、この問いに「社会の一員」ではなく、個人として向き合わせるために、これほど徹底的に社会を破壊している。

18
とくに理由もなく殺人を犯すモンちゃんとトシ、正体不明の生物ヒグマドンが起こす騒動に関わる人々の人間群像劇が描かれている。

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

🐾 これ至高なり。

10
阿倍野マリア 秋田県の女子高生。 こういう時代だからこその問いであり物語なので、現代の代表作として後世に残って欲しいなと思う。

ザ・ワールド・イズ・マインとは

🐝 一方その頃、連続爆破のニュースに隠れるようにして、謎の巨大生物が北海道から本州に上陸していました。 作者は新井英樹氏。 その後太平洋を輸送されますが途中で巨大化を開始。

16
「世界はつながっており、他者に生かされている人間は、例え相手が殺人鬼であっても、命の選別自体をしてはならない」 「その命を生かすか殺すか決めるのは、神のみの権利だ」 作中で飯島が星野に語る 「生きたいと思う奴だけ生きたらいいべ。

【ネタバレなし】世界一好きな漫画ザ・ワールド・イズ・マイン紹介

👆 本当にキモい。

TWIMの世界ではまるで現実のように意味があることも無意味なことも均等に存在するんです。

読まずに死ねるか!『ザ・ワールド・イズ・マイン』という漫画界最強の黙示録。

🌭 熊に似た相貌からヒグマドンと仮称された生物は、トシモンと時期を同じくして殺戮を開始、徐々に東北を南下していきます。 顔がいいから死んで欲しくないっていうのはおかしい。 ここで初めてヒグマドンの全貌が明かされ、物語はアメリカ大統領すら巻き込む全世界レベルで進行していく。

16
その圧倒的な巨体と暴力の前に、全身を引き裂かれて死亡するという幻覚を見、以降、殺人を含め、他人を傷付ける事でその痛みが自分のものであるかの様に感じるようになる。

ザ・ワールド・イズ・マインとは

✌ 「チカラさえあれば何をしても良い」という幻想を打ち砕くかの様に、三隅俊也は自らが手に掛けてきた被害者の遺族によって、生きたまま全身をメッタ刺しにされ、果ては足を切断されるという凄惨な最期を迎える。 追い討ちをかけるように、母親が殺人鬼の母として糾弾され自殺したことを知ります。 秋田県内の山中でのトシ確保後、塩見純一との二人だけの会話において、当時の経過と彼の「ひとの生命観」の変更を聞かされ、のちの行動となる。

14
タイトルは映画『』の劇中に登場する"The World is Yours"(世界はあなたのもの)の文字から引用された。 モンの生命の捉え方に共感した人間によって、世界中でテロが多発。