国産 ワクチン。 コロナワクチン 国産ワクチンの開発状況|NHK

期待が高まる新型コロナの国産ワクチン開発|@DIME アットダイム

🤐 実績がある手法のため、安全性の面でも副反応が想定しやすい点。 塩野義製薬は12月16日、開発中の新型コロナの『ワクチン』について、国内で治験を開始したと発表した。

20
『ワクチン』の選択肢を広げる上で国内企業の開発進展が期待されます。

日本のコロナ『ワクチン』開発進展に期待:時事ドットコム

📲 500人の健康な成人を対象に8施設で実施し、最終段階の治験は21年以降に国内外で合計数万人規模で行う見通しだ。

4
入手が容易かどうかは問題ではない」と述べた。

【超絶朗報】初公開! 国産ワクチンの臨床試験 日本製の王道コロナワクチン( #塩野義製薬 )爆誕の裏側

🚒 「せーの」。

8
自国のワクチンは自国で。

日本が「国産ワクチン」開発できていない背景

👊 加えて、仮に技術を提供してもらい日本で同じものをつくろうとしても、まったく同じ結果にはなりません。 有効性や安全性を確認するため、昨年末に臨床試験を始めている。 意図した遺伝子を組み込んだプラスミドDNAを体内に投与することで、体内で治療に必要とされる物質がつくられます。

2
この手法は確立されたものですが、開発までにウイルスを見つけてから6〜8カ月くらいかかります。 こうしたタイプのワクチンが実用化されたのは初めてで、新型コロナウイルスの世界的な大流行を機に一気に開発が進みました。

国産ワクチンはなぜ出遅れ? 開発を阻んだ「護送船団」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

⚒ 現代の鬼殺隊ならぬ感染症危機管理を生業とする人々が、自らの身の危険を顧みず日々奮闘し、新型コロナウイルスという悪役に対して、4種の手段で決戦を挑もうとしている。

7
また、ファイザーを追って、英AstraZeneca社日本法人のアストラゼネカも、Oxford大学と共同開発したワクチンを2月に厚労省に承認申請した。 独自の技術でウイルスや細菌の研究を続けている「花王」が進めるのは"手指バリア"という新たな研究。

国産ワクチン、22年以降 各社開発も、海外に遅れ―新型コロナ:時事ドットコム

⚔ 塩野義が用いる「伝統的な手法」とは、「組み換えタンパク」と呼ばれる技術です。 一方、 高齢者や 合併症(既往歴)を持つ人など、新型コロナウイルスに感染した場合の致死率が高い人は、ADEが生じる割合を考慮してもワクチンを接種するメリットが大きいのではないでしょうか。

17
託されたのは「塩野義製薬」の研究員・佐藤彰彦さん。 日本でも17日から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まる。